About "Style-Lab"

"Style-Lab"は Kuriyama R&D Office(旧、株式会社プレール)が運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は Kuriyama R&D Office(旧、株式会社プレール)が運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は Kuriyama R&D Office(旧、株式会社プレール)が運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は Kuriyama R&D Office(旧、株式会社プレール)が運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は Kuriyama R&D Office(旧、株式会社プレール)が運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル トレンド予測 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル トレンド予測 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/11/01

【トレンド/動画】Z世代の今とファッション


Kuriyama R&D Officeは、前身の株式会社プレールから約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談はホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き動画によるトレンドトピックスのご紹介です。今回はコロナ禍におけるZ世代の今と、そこから生まれたトレンドについてご紹介します。

詳しくは下記の動画をご覧ください。


Z世代の今とファッション

次回は流行するY2Kファッションについてご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2021/09/17

【トレンド/動画】2021AWコレクション分析(注目トレンド2)


Kuriyama R&D Officeは、前身の株式会社プレールから約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談はホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き動画によるトレンドトピックスのご紹介です。前回に引き続き、2021AWコレクションの分析結果から注目トレンドの一つをご紹介します。

詳しくは下記の動画をご覧ください。


2021AWコレクション分析2

次回も引き続き2021AWコレクションの注目トピックスをご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2021/09/13

【トレンド/動画】2021AWコレクション分析(注目トレンド1)


Kuriyama R&D Officeは、前身の株式会社プレールから約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談はホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き動画によるトレンドトピックスのご紹介です。今回は、2021AWコレクションの分析結果から注目トレンドの一つをご紹介します。

詳しくは下記の動画をご覧ください。


2021AWコレクション分析1

次回も引き続き2021AWコレクションの注目トピックスをご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2021/08/11

【トレンド/動画】アウトドアシーンの新テーマロマンティックジャーニー


Kuriyama R&D Officeは、前身の株式会社プレールから約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談はホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き動画によるトレンドトピックスのご紹介です。今回は、ピクニックや散歩をロマンティックなスタイルで行い、非日常ムードを楽しみリフレッシュをするというアウトドアシーンの新たなトレンドについてご紹介します。

詳しくは下記の動画をご覧ください。


アウトドアシーンの新テーマロマンティックジャーニー

次回は、現在の様々な困難に対する自衛意識とファッションとの関連性についてご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2021/08/06

【トレンド/動画】今年の冬はハートウォーミングに!


Kuriyama R&D Officeは、前身の株式会社プレールから約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談はホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き動画によるトレンドトピックスのご紹介です。今回は、先行き不透明な社会の中で、異なる価値観への理解を示し互いに未来へ向けて協力し合うというマインドから生まれるトレンドテーマ「ハートウォーミング」についてご紹介します。

詳しくは下記の動画をご覧ください。


今年の冬はハートウォーミングに!

次回はアウトドアシーンにおける新たな潮流についてをご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2021/07/30

【トレンド/動画】サスティナブルな消費とは?


Kuriyama R&D Officeは、前身の株式会社プレールから約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談はホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き動画によるトレンドトピックスのご紹介です。今回はサスティナブルな社会の実現に向けて求められる要素、サスティナブルな時代における消費についてご紹介します。

詳しくは下記の動画をご覧ください。


サスティナブルな消費とは?

次回は今年の冬におけるトレンドトピックスをご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2021/07/12

【トレンド/動画】コロナ禍におけるジェンダーフリーファッション


Kuriyama R&D Officeは、前身の株式会社プレールから約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談はホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き動画によるトレンドトピックスのご紹介です。今回はコロナ禍でさらに注目が集まるジェンダーフリーファッションについてご紹介します。

詳しくは下記の動画をご覧ください。


コロナ禍でさらに注目!ジェンダーフリーファッション

次回は多様性、サスティナブルについてのトレンドトピックスをご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2021/07/08

【トレンド/動画】2021年・秋の注目トレンド「アメリカドラマリブート」


Kuriyama R&D Officeは、前身の株式会社プレールから約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談はホームページよりお問い合わせ下さい。


長らく更新が滞ってしまい誠に申し訳ございません。
当ブログの運用を行っていた株式会社プレールは、2021年6月1日より組織変更を行い、トレンド分析事業を新たに設立した「Kuriyama R&D Office」にて実施することとなりました。この組織変更に伴い、当ブログの運用元も「Kuriyama R&D Office」に変更させていただきます。

また、これを機に情報提供の内容を見直し、従来のコレクション情報だけでなく幅広いトレンドのトピックスをご紹介して参ります。併せて紹介のスタイルも変更し、動画を使用して細かなニュアンスまでお伝えできるようにいたします。

第一回となる今回は、セックス・アンド・ザ・シティやゴシップガールといった過去のアメリカドラマのリブートによって期待されるトレンドについてご紹介します。

詳しくは下記の動画をご覧ください。


2021年の秋はアメリカドラマのリブートに注目!

以上、第一回の動画投稿でした
次回はコロナ禍とジェンダーレスファッションとの関係性についてご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/08/11

【アイテムトレンド/2020AWメンズ】20年秋冬におけるメンズ注目トップス(4大コレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目アウターです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


トップス総括

・シンプルなデザイン、オーバーサイズ、ボリューミーな素材感がポイント
・シルクスカーフ柄やユニークなグラフィックプリントが登場


注目トップス1:ユーティリティシャツ

オーバーサイズシルエットのシンプルなデザインが多く登場。セットアップのワントーンコーディネートなど洗練された雰囲気。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス2:プリントシャツ

ヴィンテージ調のフラワーやスカーフ柄がみられた。フリュイド感のある柔らかい素材がフェミニンな雰囲気をプラスした。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス3:ハーフジップ

ボアなどボリューミーな起毛素材が登場。ハイネックやパーカのプルオーバーがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス4:グラフィックTシャツ

人物像をモチーフにしたユニークなプリントが目立った。レイヤードストリートスタイルが中心。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのメンズ注目トップスでした。

次回も同じく4大コレクションより、2020AWメンズのパンツトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/08/03

【アイテムトレンド/2020AWメンズ】20年秋冬におけるメンズ注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目アウターです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


コート総括

・ボリューミーで丸みのあるコクーンシルエットが拡大
・エレガントなマントが登場


注目コート1:ウールコート

・オーバーサイズシルエット
・暖かみのある厚地のウール素材の広がり
・ベルテッドやチェスターコートがみられた
・膝下丈が中心

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート2:ボリューミー

・ロング丈のダウンコートが登場
・丸みのあるオーバーサイズシルエット
・テーラードからカジュアルまで幅広いスタイルでみられた
・光沢感のある軽量で薄いハイテク素材

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート3:マント

・袖のない羽織りのアウターが登場
・クラシックなマントやケープ風、丈の長いアウトドア調のクローク風などがみられた
・ソリッドカラーやチェック柄、ブライトカラーなど
・Aラインやリーン、スクエアなシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ジャケット総括

・ウエスタン調やボリューミーダウン、ハイブリッドなど豊富なバリエーション
・レザーやウール、ファーなどナチュラルテイストな素材の広がり


注目ジャケット1:ウエスタン調

ファーやレザーで切替えたモダンなテイストがみられた。暖かみのある洗練された雰囲気で登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット2:ダウン

丸みのあるボリューミーなダウンジャケットが登場した。たっぷりしたオーバーサイズシルエットで、明るいカラーがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット3:ハイブリッド

ライダースとテーラードジャケット、トレンチコートとバイカージャケットなど異なるアイテムのディテールがミックスしたデザインが増加した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのメンズ注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2020AWメンズのトップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/07/28

【ディティールトレンド/2020AWメンズ】20年秋冬におけるメンズ注目ディティール(4大コレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目ディティールです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


ディティール総括

・インサイドアウトやウエスタン調のディテールが登場
・シンプルなスタイルに、カットアウトや切替えなどで表面変化をプラス


注目ディティール1:インサイドアウト

さまざまな柄や異素材をパズルのピースのように組合せたジャケットやコートが登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ディティール2:ウエスタン

フリンジやヨーク切替え、レザーやコンチョなどシンプルで洗練された雰囲気で用いられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ディティール3:カットアウト

花柄やダイヤ、ドットなどがみられ、レイヤードスタイルにアクセントをプラスした。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのメンズ注目ディティールおよび柄でした。

次回も同じく4大コレクションより、2020AWメンズのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/07/21

【素材・柄トレンド/2020AWメンズ】20年秋冬におけるメンズ注目素材・柄(4大コレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目素材および柄です。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


素材総括

・ボリューミーなウールやパデットの登場
・シアリングやコーデュロイなど起毛素材の広がり
・ラグジュアリーな雰囲気をプラスしたレザーやスエードの広がり
・サスティナブルに対する取り組みから広がったエコロジー素材に注目


注目素材1:ウール

シンプルなデザインとナチュラルなカラーが中心。柔らかく軽いフェルトやダブルフェイスなど、ドレープで立体感を表現したスタイルがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:シアリング

経年加工を施したようなダブルフェイスや配色切替え、ブライトカラーなど幅広く登場。スタイルにリラックス感をプラスした。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:レザー

光沢を備えたソフトで柔らかいラグジュアリーな質感。ブラウンやブラックなどナチュラルなベーシックカラーが中心。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



柄総括

・チェックやレオパード、アート柄に注目
・カラートーンの近いパターン・オン・パターンや色× 柄の組合せ
・インサイドアウトやウエスタン調のディテールが登場
・シンプルなスタイルに、カットアウトや切替えなどで表面変化をプラス


注目柄1:チェック

チェック・オン・チェックの組合せや明るいカラー配色、タータンチェックや大柄チェックが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄2:アート

ノスタルジックな雰囲気の風景画や抽象画、顔をコラージュしたようなプリントがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄3:ジオメトリック

レトロフューチャーやミッドセンチュリー調のシックな柄にブライトカラーのアクセント配色がみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのメンズ注目素材および柄でした。

次回も同じく4大コレクションより、2020AWメンズのディティールトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/07/10

【カラートレンド/2020AWメンズ】20年秋冬におけるメンズ注目カラー・流行色(4大コレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

今回より、4大コレクションの分析結果をもとにした、2020AWのメンズトレンド情報をご紹介します。初回のテーマは2020AWシーズンの注目カラーです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


カラー総括

・ベースカラーは、ニュートラルやブラウン、ネイビーなどナチュラルトーンが中心
・暖かみのあるくすんだアースカラーの広がり
・トーンやカラーのバリエーションの広がり
・ブライトやレトロ、ペールカラーはアクセントカラーとしても登場


注目カラー1:ブラック

光沢のあるディープなトーンがテーラードからスポーティなスタイルまで幅広いスタイルでみられた。ベースカラーとしても多く配色された。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー2:クリーム

オフホワイトや暖かみのあるアイボリーが中心。ブラックとのコントラストの効いた配色がポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー3:ネイビー

ヴィンテージインクのようなグリーンがかった深みのあるレトロなネイビーがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー4:ベージュ・ブラウン

レザーやウール、ニットなど異素材のトーン・オン・トーンの組合せがみられた。ナチュラルなアーストーンでまとめる傾向が増加した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー5:レッド

艷やかさのあるストロングトーンがテーラードスタイルでみられた。深みのあるプラムレッドはシックでトラッドな雰囲気。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのメンズ注目カラーでした。

次回も同じく4大コレクションより、2020AWメンズの素材・柄トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2020/07/07

【アイテムトレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目バッグ・シューズ(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目バッグ・シューズです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


バッグ総括

小型~中型を主流にクラシカルな形状やディテール使いを取り入れつつ、遊び心が感じられるデザインが目立った。ビビッドな色も見られたが、主流はホワイト、ブラウン、ブラックなどのベーシックカラー。


注目バッグ1:トートバッグ

中型~やや大型が主流。素材はメッシュレザーの他、圧縮ウールやジャカード生地など。ブランドロゴをあしらったショッパー風のデザインも見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目バッグ2:マイクロバッグ

パースやガジェットケースなど、小型でチェーンストラップの付いたアクセサリー風バッグが一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目バッグ3:キルティングレザーバッグ

全体的には多彩なカラーバリエーションのスムースレザーやエキゾチックレザーの出現率が高かったが、増加傾向としてはキルティングレザーが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



シューズ総括

ブーツの出現率が非常に高く、特にロング~ニーハイ&サイハイのバリエーションが多彩に見られた。パンプス&サンダルでは、レースアップや細いストラップで足首をマークしつつ、かかとを露出させたデザインが目立った。


注目シューズ1:ロングブーツ

ストレートシルエットの筒形状やブロックハイヒールが主流。ブラック、ホワイト、ブラウン、ネイビーなどベーシックカラーのスムースレザーやエキゾチックレザーが多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目シューズ2:ニーハイ&サイハイブーツ

マイクロミニ丈のドレスやスカート、ショートパンツの増加に合わせ、膝上~太もも丈のブーツも増加傾向が見られた。スラウチなシルエットや太めの筒幅が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目シューズ3:ヒールパンプス(オープンヒール)

かかとを露出させ、つま先はカバーされたサンダルとパンプスの中間的なデザインが多く見られた。ポインテッドトゥやアーモンドトゥ、レースアップなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目バッグ・シューズでした。

次回からは4大コレクションより、2020AWメンズのトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/06/26

【アイテムトレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目パンツ・スカート(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目パンツ・スカートです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


パンツ総括

70年代調を反映したフレアシルエットやベルボトムが目立った他、程良いカジュアル感やフェミニンさを取り入れた素材やゆとりのあるシルエットが台頭した。


注目パンツ1:デニム

ストーンウォッシュやダメージ加工が目立った他、わずかに色落ちした濃色のインディゴブルーが多く見られた。ハイウエストやテーパード、カーヴィなバナナシルエット、センタープレスのベルボトムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ2:スラックス

センタープレスのスラックスパンツが継続。今シーズンは70年代ブルジョワジーを思わせるとろみのある素材やバギーシルエットが増加。その他、タックの入ったテーパードシルエットや、トラッドなムードのチェック柄ウールなどが多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ3:ベルボトム

膝から裾にかけて広がった70年代調のベルボトムが急増。サイケデリックなヒッピー調よりもきれいめな70年代ブルジョワジーをエッセンスとして取り入れたデザインが主流。布帛だけでなくニットパンツも登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



スカート総括

主流は膝丈~ミディ丈のフレアシルエットだが、マイクロミニ丈の増加も顕著だった。薄手のフラットウールやトラッドなムードのチェック柄ウールが多く見られた。


注目スカート1:プリーツ

細かいヒダのアコーディオンプリーツにグラフィカルな柄をあしらったデザインが目立った。また、クラシカルなボックスプリーツや、ラップデザインなども見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スカート2:フレア

サーキュラースカートは見られず、フレア分量の少ないシルエットが主流となった。70年代調のデニムスカート、ラッフル装飾、ハリコシのある素材を用いた台形シルエット、ボタンフロントなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スカート3:レザー

ベーシックカラーのブラックやブラウンが主流。膝丈~ミディ丈のセクシーなペンシルスカートとマイクロミニ丈の台形シルエットが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目パンツ・スカートでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2020AWレディースのバッグ・シューズトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。